エルゴトロンのモニターアーム「MXV」を購入

在宅勤務にともなってデルの4Kモニター「U2720QM」を購入してから、やはり足のすっきり感が気になるようになってきました。そこで導入したのが、エルゴトロン(Ergotron)のモニターアーム「MXV」です。

モニターアームの価格はピンからキリまであり、Amazonをみてみると、2,000円ほどから購入できます。安価なものでも使用上は問題ないのですが、1万円以上くらいにもなるとやはり作りがよく、値段なりの価値を感じます。

エルゴトロンはそういった価格帯を主軸にラインナップしているメーカーです。「モニターアームといえばエルゴトロン」というユーザーも筆者の周囲には多く、また個人的にもそう思います。品質がよく、耐久性があるので長く使える。信頼できるブランドです。

今回購入したMXVは、税込18,600円と同社のなかでも少し高めのもの。人気の「LX」や、それをベースにしたAmazonベーシックのモデルは1万円台前半くらいなので、MXVはあまり人気がない製品でもあります。一方でエルゴトロンの中では新しめのモデルで、やや古さを感じるLXに比べて、MXVはモダンなデザインに感じます。根本にポールがなく、シンプルなデザインです。

そんなMXVを選んだ一番の理由は、新型の固定用クランプです。詳しくは後述しますが、従来の固定方法とくらべて、少ない奥行きで固定ができます。

モニターアームの固定方法は、机に挟むクランプ式と、机に穴を開けて固定するグロメット式の2種類が主流です。しかし、前者は幕板などに干渉すると取り付けられませんし、後者は机に穴をあける必要があります。また引き出しがついている机だと、穴を開けても固定できせん。

筆者が愛用しているデスクは、無印良品の「無垢材デスク(引出付)・オーク材 」というものです。このデスク、よくある化粧板ではなく、本物の木材で作られていることが魅力です。この値段で木製デスクだと安価な素材であることも多いのですが、高価なオーク材なので、かなりコスパが高いのではと、個人的に感じています。

このデスクの大きなデメリットは、「モニターアームが使えない」ことにあります。幕板があるため、モニターアームの取り付けスペースが約40mmしかないのです。これは、ほぼすべてのモニタアームで取り付けができない水準です。

しかしMXVは約33mm(実測値)あれば固定ができるため、このデスクでもモニターアームが使えます。調べたところ、40mm未満で固定できるモニターアームは今回のMXVのみ。これ以外に選択肢がなかったといえますが、モニターアームの取り付けを諦めていたこともあり、見つけたときは嬉しく思いました。

使い勝手はエルゴトロンらしく、動きについても片手で昇降ほどのスムーズさです。カラーは今回のマットブラックのほか、ホワイト、アルミニウムの3色が用意されています。同社の中ではスリムで小さめなので、デザイン重視で選んでもいいかもしれません。非常に満足のいく買い物でした。