イヤホンの「ノイズキャンセリング」解説。おすすめモデルも紹介

近ごろ、ノイズキャンセリングを搭載するイヤホンが増えてきました。しかし一口に「ノイズキャンセリング」といっても、その方式にはいくつか種類があります。

そして種類によっては、「買って使ってみたら効果が弱かった」ということも。後悔のない選択ができるよう、しっかりと知っておきたいものです。

本稿では、そんなノイズキャンセリングについてまとめていこうと思います。おすすめの機種も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)って何?

ここ数年で「アクティブノイズキャンセリング」に対応する製品が増えてきました。

人気の「AirPods Pro」もその一つです。というより、AirPods Proの人気に各社がこぞって進出している感はあります。

(出典:アップル公式サイト)

技術自体は10年以上前からあるもので、製品としては、BOSE(ボーズ)、ソニー、パナソニックが展開していました。旅客機でも採用されていますから、ビジネスクラスに乗った方などは、使ったことがあるかもしれません。

ノイズキャンセリングをオンにすると、旅客機であればゴーッという音が軽減され、静かな環境で音楽を楽しめます。音量を上げすぎことを防げるため、難聴予防にもよいと言われていたりもします。

とはいえ、耳栓でも騒音を防ぐことは可能です。では耳栓とノイズキャンセリングは何が違うのか、考えていきたいと思います。

そもそもノイズキャンセリングとは

一般的にイヤホンを選ぶ際、ノイズキャンセリングというと、大きく3つの意味で使われています。

それは、「パッシブノイズキャンセリング」「アクティブノイズキャンセリング」「通話ノイズキャンセリング」の3種類です。

では、各項目ごとに細かく見ていきましょう。

パッシブノイズキャンセリング

パッシブノイズキャンセリングは、いわゆる耳栓と同じで、遮音性によってノイズを削減する方法です。

イヤホンを挙げると、Shure「SE215」やEtymotic Research「ER-4SR」のような有線モデルがあり、耳栓級の遮音性を持っていたりします。

後述するアクティブノイズキャンセリングでも、パッシブノイズキャンセリングによる遮音性を組み合わせることで、より高い効果を求める場合は少なくありません。特にイヤホンでは、この遮音性は重要な要素の1つだったりします。

遮音性はイヤホンの形状の影響が大きいですが、カナル型のイヤホンであればイヤーピースを交換することで、高めることが可能です。その代表例がCOMPLY(コンプライ)。低反発のスポンジ素材でできていて、耳の形状に合わせてしっかりと密閉することができます。

アクティブノイズキャンセリング

パッシブとは異なり、電気的な仕組みでノイズを削減する方法です。具体的には、ノイズを打ち消す逆位相の音をスピーカーから発することで、ノイズを消滅させてしまいます。

対応のイヤホンにはマイクを搭載していて、マイクから騒音を拾い、これを処理することで逆位相の音を生み出しています。この処理は、デジタル方式とアナログ方式があり、このチューニングもメーカーの腕の見せどころです。

(出典:ソニー 公式サイト )

アクティブノイズキャンセリングのメリットは、遮音性が高くないイヤホンであっても、ノイズを抑えられることです。遮音性を上げる場合、カナル型イヤホンだと耳に強くねじ込む必要がありますし、ヘッドホンでは左右から押さえる力を強くする必要があります。軽い装着感を実現するには、アクティブのほうが向いているわけです。

また、アクティブノイズキャンセリングは低域ノイズを抑えるのに向いています。電車や旅客機など、不愉快なゴーッというノイズは低音が多いです。そして低音は、遮音性が高いイヤホンではあっても、体を伝わって聞こえてしまうので、こういったノイズは、アクティブノイズキャンセリングが最適です。

一方で、人の話し声などの中高域は、パッシブノイズキャンセリングのほうが向いていたりもします。最近では技術も上がり解消されつつありますが、アクティブとパッシブのバランスが重要であるといえます。

アクティブノイズキャンセリングのデメリットとしては、サーッというホワイトノイズが聞こえてしまうここと、耳が詰まったような圧迫感を感じる場合があります。これはキャンセリングの強さとトレードオフの点もありますが、技術の進歩で改善されつつあります。モデルごとで異なりますから、気になる際は試してみると良いかもしれません。

通話ノイズキャンセリング

安物のイヤホンで「ノイズキャンセリング」と書かれている場合、まずこちらを疑ってください。これはノイズキャンセリングといっても、通話時に自分の声をクリアに伝えるためのものです。

代表的な技術では、Qualcomm社の「cVc」が挙げられます。昨今ではビデオ会議も増えているので、そういった方は注目ポイントの1つかもしれません。

アクティブノイズキャンセリングは3種類

ノイズキャンセリングについて3種類に分けて考えてきました。

先ほど、アクティブノイズキャンセリングは「マイクでノイズを拾って処理する」と説明しましたが、そのマイクの配置でもキャンセリングの効果が変わってきます。

ここでは、「フィードフォワード」「フィードバック」「ハイブリッド」の3種類をご紹介します。各タイプのおすすめモデルも合わせて記載しますので、ぜひ参考にしてみてください。

フィードフォワード方式

フィードフォワードは、イヤホンやヘッドホンのハウジング外側にマイクを設置する方式です。

アクティブノイズキャンセリングのなかでは一番低コストのため、安めの価格帯でよく採用されています。

デメリットとしては、鼓膜からの距離が遠くなってしまうため、効果が弱め。耳に届くノイズと、マイク位置のノイズが若干異なるためです。

一方、耳への違和感が少なめなので、アクティブノイズキャンセリングが苦手な方や、試してみたい方に最適。音質への影響も少ないので、音にこだわる高級モデルでも採用されていたりもします。

フィードフォワード方式の注目モデル

フィードフォワード方式でおすすめのモデルは、完全ワイヤレスイヤホンの人気メーカーAVIOTの「TE-D01m」です。独自技術のマイルドANCを採用しています。価格が12,500円(税抜)と、手に取りやすいこともポイント。ケースも小さく、バッテリーは10時間もつなど、使い勝手の良いモデルだと思います。

また、Jabra「Elite 75t」もおすすめです。当初はノイズキャンセリング非対応のモデルとして登場しましたが、アップデートでアクティブノイズキャンセリングに対応しました。もともと完成度が高いモデルでしたが、アップデートでさらに魅力に磨きがかかりました。また、業務用ヘッドセットを手掛けるメーカーということもあり、通話性能も優秀。テレワークやビデオ会議などで役立ってくれそうです。

マイク性能が優秀なモデルといえば、オーディオテクニカ「ATH-CKR70TW」というモデルも注目です。価格は約2万円と少し高めですが、音声を拾いやすいデザインを採用するなど、通話性能を追求しています。また高級オーディオを手掛けるメーカーということもあり、その音質にも注目です。

番外編ですが、ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless 2」もフィードフォワードを採用するモデルです。3万円オーバーの高級モデルで、特にオーディオ好きからの評判が高いです。フィードフォワード方式を採用する理由は、「音質への影響が少ないから」としているほど、音質にこだわっています。ノイズキャンセリングの効きは弱めですが、不快な低音はしっかりとカットしてくれますし、オンにしていることに気が付かないほどの自然な効き方でオススメです(とはいえオフにすると、周囲のうるささに気がつきます)。

フィードバック方式

フィードバックは、イヤホンやヘッドホンの内部、音を出すドライバーや振動板の近くにマイクを配置する方式です。

フィードフォワードに比べ、マイクを設置しにくい場所なのでややコストはあがります。一方でマイクと耳の距離が近くなるため、より高いキャンセリング効果が得られます。

とはいえ、フィードバック方式を採用するモデルは、かなり少ないです。フィードフォワード方式が低コストであることもあり、両方を組み合わせるハイブリッド方式が選ばれるのかもしれません。

ハイブリッド方式

先述のように、フィードフォワードとフィードバックを組み合わせたものがハイブリッド方式です。メーカーによって呼び方が様々だったりもします。

(出典:サンバレージャパン 公式サイト )

フィードフォワードで減らしたノイズを、フィードバックで再度キャンセリングすることで、より高い効果を得られます。人気のAirPods Proもこの方式です。

コストが高いため、完全ワイヤレスイヤホンでは2万円オーバーがほとんどですが、ノイズキャンセリング効果は一級品。メーカーによって効果は様々ですが、基本的にこの方式のモデルを選んでおけば、かなりのノイズ削減が期待できると思います。

ハイブリッド方式の注目モデル

ここでは、AirPods Pro以外のおすすめモデルをご紹介しましょう。まず定番は、ソニー「WF-1000XM3」です。話題になった人気モデルなので、ご存じの方も多いと思います。ノイキャン効果としてはAirPods Proと同程度を確保していて、さらに音質はソニーだけあって優秀。ストリーミング音楽の音質を向上させるDSEE HXを使用することで、より引き締まった音が楽しめます。価格も2万円近くまで下がってきており、登場時よりも手に取りやすくなっています。迷ったらぜひ選んでほしいモデルです。

ハイブリッド方式はほとんどが2万円以上の高級モデルですが、中には1万円を切るものもあったりします。それが、TaoTronics「SoundLiberty 94」です。消音効果はAirPods Proなどと同程度の-35dBを謳っているのですが、装着した感覚だと少し弱めな印象。とはいえ、値段を考えると十分な水準です。音質は他メーカーの上位モデルには叶いませんが、通勤時間で音楽を聴くぶんには、困るほどではないと思います。

ヘッドホンでは、ソニーの「WH-1000XM4」が定番です。初代より人気のシリーズですが、モデルチェンジごとに性能を強化。AirPods ProやWF-1000XM3を上回るキャンセリング性能を実現しているので、移動が多い方に最適です。ヘッドホンは振動板が大きいので、低音再生能力や音の表現力も高く、イヤホンよりも高品質な音楽体験が可能。バッテリーも30時間もつので、国際線での移動もおすすめです(ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホン単体で3-6時間ほど)。

そのほか、音質を追求する方には、少し高いですがTechnics「EAH-AZ70W」もおすすめ。また人気で品薄になっていますが、ノイズキャンセリングの先駆者BOSEの完全ワイヤレスイヤホン「QuietComfort Earbuds」も注目です。