さようなら、α7RⅡ

今、所有カメラ「α7RⅡ」をどうするか、悩んでます。 

ソニーのEマウント機はとても良いカメラです。α9が発売後、α7RⅢもプロを意識した仕様になり、商業用途でもこれからますます広がっていくとは思いますし、レフ機を駆逐する勢いであることは確実です。そういった点では、手放すことがが非常に悩ましいフォーマットではあるのですが…。

[現在使っている機材]

カメラ:α7RⅡ

レンズ:FE55mmF1.8、FE35mmF2.8

ズームレンズはあまり使わないので、単焦点しか持っていないです。この他にもタムキュー(タムロンの90mmマクロ)のFマウントも持っていたりします。

α7RⅡはとても良いカメラで、正直手放すのは惜しいです。 たとえばDxOのテストでは全カメラでトップレベルですし、約4200万画素の撮像素子、ボディ内手ぶれ補正、logに対応した4K動画、大きく見やすいファインダー、マグネシウムの質感など挙げたらキリがありません。

でもこの性能、当たり前ですが「写真を撮らないのなら意味がない」です。 個人的にはとても良いカメラだと断言できますし、一眼“レフ”にこだわりが無いのであれば、より安いα7Ⅱでも良いので手を出すべき価値があると思います。

しかし自分には合いませんでした。 使用して気になる点として、電池の持ちや、ソニーのカメラに共通する起動の遅さも不満点として挙げられます。

しかし、ここまでの性能は必要でしょうか。 確かに画質がいい事は重要ですし、フルマグネシウム合金のボディは所有感を満たしてくれます。α7RⅡはα9の登場まではフラッグシップのような扱いでしたし、完成度・満足度は高いです。

でも優秀すぎて、テキトーに撮っても綺麗に取れてしまいます。また4,000万画素超えのファイルはサイズが大きく、撮る度に少し躊躇する思いもあります。

そしてボディがいくら小さいとはいえ、フルサイズに対応するイメージサークルをもつレンズは大きく、それはミラーレスのコンパクト性を損なうとともに、その重さはモチベーションを削ってゆきます。

買った当初は最先端のガジェットを手に入れて、手にするたびにときめいたものです。しかし、人は慣れていくもの。そのときめきは時間とともに薄れてゆきました。

その結果、オーバースペックな画質と、常に持ち歩くには大きく感じるボディが残りました。

一眼レフに大きいレンズを付けて持ち歩く人にとってはさほど大きい問題ではないかもしれません。自分も昔はそうでしたし、D750からα7RⅡに移行したときには、コンパクトさに感動したほどです。

しかし今の自分には、スマホの手軽さとカメラの画質を比較した場合、ほとんどの場合でスマホが選択されてしまいます。

そこで、本カメラに一回さよならを告げようと思います。

乗り換え先はまだ決まっておりません。でも恐らく、APS-Cかマイクロフォーサーズといった、さらに小型のミラーレスになると思います。いずれはフルサイズに戻ってくるかもしれません。

また、「いつかはフルサイズ」と思えるようになりたいものです。