WordPressテーマを「Cocoon」から「SWELL」に変更

これまで当サイトのWordPressのテーマは、Cocoonを使用してきました。言わずとしれた人気テーマで、無料ながらも、有料に引けを取らない機能性が魅力です。

今回、リニューアルに伴い、有料テーマの「SWELL」に変更しました。これまで通りのシンプルな印象を心がけながらも、SWELLの特徴であるスタイリッシュなデザインにより、さらに見やすくなったのではと思います。

個人的に初の有料テーマになるのですが、そのカスタマイズ性には驚きました。Cocoonも機能性豊富ではありましたが、SWELLはそれにも増して機能が多い印象です。

特にデザインにおいては、Cocoonでは、CSSでカスタマイズしないと満足できませんでした。SWLLではそのようなことがなく、用意された設定項目だけで十分に感じます。「PCだけ」「スマホだけ」といった表示や、余白の設定も可能なので、CSSをいじらなくても微調整ができます。

リニューアル前
リニューアル後

一方で、長年Cocoonに親しんできたユーザーにとっては、不満を感じるところも、使っているうちに出てきました。

一番大きいのが、Google Analyticsにおいて、管理者を非計測にする設定がないこと。SWELLではSIMPLE SEP PACKというプラグインを別途インストールしてAnalyticsの計測IDを設定するのですが、そのような設定はないようです。仕方なく、AnalyticsにグローバルIPを除外する設定を追加し対処しましたが、初心者には難しそうです。

また、もともと設定項目が多い分、それ以上のデザイン変更をしようとした場合のやりにくさがあります。たとえるならAndroidとiOSの違いのようで、もともとが完成されている一方、ある程度の枠組みの中でこなすという制約はあります。とはいえ、あまり設定項目が多いとわかりにくいですし、CSSで対処できるので今のところ、大きく困ってはいません。

SWELLを購入した理由として、ページ表示の高速性と、今後SEOに影響していくとされるCore Web Vitals(CWV)への配慮があります。ここ1年ほど購入を考えていたのですが、導入を決めた理由は、WordPress高速化を手掛けるスキルシェア氏(@skillsharejp)とSWELLの協業でした。

これまで使用していたCocoonは、デフォルトの高速化機能に加えて、手動で最適化を施していたため、スコアやCWVはそこそこの値を出せていました。SWELLに変更することで、それが悪化するのを懸念していたのです。

結果的に、CocoonからSWELLに変更して、ほぼ同様の値を維持できました。これから更に最適化を図っていくそうなので、これまで使っていたCocoonよりも良いスコアを出していける気がしており、期待が持てます。

SWELLは17,600円と少し高いテーマですが、買ってよかった。やはりテーマを変えると気分が変わり、モチベーションも上がります。これまで有料テーマに躊躇していましたが、こういったメリットもあるようです。これをきっかけに、いっそうのコンテンツの充実を図っていこう、そう強く感じました。

執筆:びゃらま

目次
閉じる