ソニー「α7C」を購入。フルサイズなのに小さくて驚き

ソニーのα7Cを購入しました。ずっと小型のフルサイズを待っていた身としては、「ようやく登場してくれた!」という気持ち。迷わず即決での購入でした。 ソニーのフルサイズ機はα7R IIを手放して以来です。

これまでの愛機はニコンのZ 50でした。Z 50はとても良い機種で、それまでは3ヶ月スパンで買い替えていたこの頃でしたが、結局10ヶ月ほど使ってしまいました。お金に余裕があれば両方持ちたいのですが、フルサイズはレンズも高いので手放すつもりです。両方持っていても、結局α7Cを使ってしまいそうですし。

フルサイズなのにAPS-CのZ 50と比較しても、ほとんど同じ大きさで驚きました。むしろα7Cのほうが高さが低いぶん、バッグへの収まりは良好です。個人的にはこの収まりの良さが重要で、常にバッグに入れておくにはこのくらいがありがたいのです。

持ち運び時にかさばると邪魔になりますし、せっかくのいいカメラも持ち歩かないと勿体ないです。そういった意味で、個人的にはこの大きさがいつも持ち運ぶにはちょうどいい。フルサイズはレンズが大きくなりがちですが、特にリュックだとカメラが長くなるだけなので、それほど邪魔にはなりません(高さがあると厚みが増えるので邪魔になります)。

少し使った感想としては、キットレンズに関してはZ 50付属の「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」のほうが優秀だと思いました。というのも、α7C付属の「FE 28-60mm F4-5.6」は、とにかく寄れないです。個人的な使い方だとイヤホンなど小さいものも撮りたいのですが、テレ端で最短45cmまでしか近づけないので、クロップ前提になります。Z 50の付属レンズは寄れたので、より不便さを感じます。マクロレンズが別途ほしいですね。

Z 50はとても良いカメラで、ファインダーに関してはα7Cよりも大きくて快適です。レスポンスに関してもα7Cはソニー特有の起動の遅さがありますし、α7Cはボタンも少ないので設定もワンアクション多かったりします。APS-Cで選ぶならZ 50はイチオシのモデルというくらい、個人的にとても良いカメラだと思います。

しかしそれを差し置いても、画質は「やはりフルサイズ」という実感です。Z 50も高感度に強い機種ですが、フルサイズと比べてしまうと差があるなと。それにソニーEマウントはレンズが多いので、個人的に好きな50mmの単焦点も使えます。Z 50は交換レンズがほぼない状態なので、 キットのズームレンズくらいしか選択肢がありませんでした。これもα7C購入を後押しした理由です。

そしてα7Cはこの価格帯にしては珍しく、本体の質感も最高です。フルマグネシウムボディなので、持った瞬間の堅牢感が高く、ガチッっとしています。20万円前後だと、上部と背面、上部と前面、上面のみといったモデルも多いですが、α7Cは基本的に見える部分はすべて金属製。ほかにもダイヤルやシャッターボタンがアルミ製だったりと、全体的に見た目以上の高級感があります。

今回は飽きにくいブラックを選びましたが、シルバーも落ち着いた色でかっこよくて悩みました(SNSを見ているとシルバーを選んだ人のほうが多い気がします)。実物をみると印象が変わると思いますので、ぜひ店頭で手にとってみてください。また、詳しい感想についてはもう少し使ってからまとめてお伝えできればと思います。