ロジクール「Pebble M350」は使いやすいワイヤレスマウス

MacBook Pro 16インチの購入に合わせて、新しいマウスを導入しました。Logicoolの「Pebble M350」というマウスで、価格は2,600円(税込)でした。

MacBookはトラックパッドが快適なので、基本的にはマウスを使わなくても操作ができます。しかし細かい作業などはマウスが欲しくなります。

そこで見つけたのがPebble M350。薄型なので持ち運びでも邪魔になりませんし、見た目もシンプルでかっこいいです。今回選んだのはグラファイトカラー。MacBook Proのスペースグレイとの相性も抜群です。このほかにブルー、グリーン、ホワイト、ローズの全5色展開となっています。

また、MacBookはUSB Type-Cのみしか備えていないので、一般的なワイヤレスマウスのレシーバー(Type-A)だと変換して使わなければなりません。

本機にもレシーバーが付属していますが、変換するとその分だけ長さが伸びてしまいます。レシーバーを含めると3cmほど飛び出るかたちでしょうか。ぶつけたら端子を痛めそうですし、それ以前に邪魔になります。

とはいえ、本機ではその心配は不要です。Bluetoothも搭載しているので、レシーバーなしでMacBookと接続が行なえます。つまり、一般的な無線とBluetoothを切りかえて使えるのです。

切り替えは、背面のボタンを押すだけで簡単に行なえます。切り替えによって別々のデバイスを選べるので、自宅のPCにはレシーバーをさして、仕事用PCはBluetoothで接続するなど、テレワークにも役立ちそうです。

バッテリーは単3電池1本ですが、最大で18ヶ月もつとのこと。すでに1ヶ月程度愛用していますが、毎日ヘビー使っても電池が切れる心配はありません。

静音クリックを採用

Pebble M350の大きな特徴として、静音クリックの採用があります。そのためクリック音は、一般的なカチカチッという高音ではなく、コトコトッという低めの心地よい音。こころなしかクリック時の指への衝撃も優しく感じます。

ホイールは滑らかに回転するものではなく、ステップが刻んであるタイプ。またホイールクリックは重くも軽くもなく、ちょうどよい固さです。

しばらく使ってみた感想としては、つまみ持ちになる影響か、長時間使っていると指の背が痛くなってきます。指全体ではなく、指の先端で押すような感覚です。

やはり長時間の使用には、エルゴノミクスタイプが向いているのかもしれませんが、数時間の使用くらいでは全く問題ありません。ヘビーな長時間作業には向かないとはいえ、持ち運び重視のマウスとしては、これだけ使えれば優秀だと感じます。

3,000以下と安価なマウスにも関わらず、Bluetooth/2.4GHz帯との両対応、電池持ちの良さなど、機能面でも魅力的です。また静音クリックも気に入りました。

薄型でバッグに入れても邪魔にならないので、サブ機や持ち運び用として最適だと思います。ノートPCやタブレット用のマウスを探している方は、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。