小型PCにおすすめ、定番CPUクーラー Noctua「NH-L9i」レビュー

NoctuaのCPUクーラー「NH-L9i」を購入しました。

結論から書くと、作りがよく、静かで、とても良いクーラーでした。ロープロCPUクーラーの定番と言われるのも納得です。 NH-L9iは、オーストリアにあるメーカーのNoctuaが発売する高さ37mmの薄型PC向けCPUクーラーです。

95mm×95mmのサイズはRAMなど、CPU周りの部品と干渉しないように設計されており、さながら“四角い物体”といえるような形です。限られたスペースを目いっぱい使っている感じで期待ができますね。なお、TDPは65Wまでなので、“K”モデルのCPUでは厳しそうです。 ファンは直径92mmで高さ14mmの薄型ファンです。300rpm〜2500rpmで最大23.6dBAとのことですが、厚さに余裕がある場合は同社の通常の厚みのファン「NF-A9」などに交換することで、更に静音性を追求できるそうです。

では早速開封してみましょうか。

今回は秋葉原のオリオスペックさんにて、5,314円(税込)で購入しました。

 

まず箱をあけると、本体のファンが正面に見えるほか、付属品が並んでいる様子が確認できます。  

Noctuaの製品を購入するのは、はじめてですが、開封した瞬間からワクワクさせられる仕掛けは、かなり好印象です。   付属品は、「Low-Noise Adaptor」「NT-H1」「NM-IBT4 Mounting-Screw」そして、ファン交換用のネジ、説明書、バッジ(?)です。

Low-Noise Adaptorは、ファンの回転数を落として静音性を狙うアダプター。最大回転数を2500rpm/23.6dBAから1800rpm/14.8dBAまで下げることが可能。

NT-H1は、単体でも販売されているCPUグリス。

単体では1,000円ほどで販売されているようで、日本ではマイナーですが、米アマゾンでは515件の評価で“4.7”と評判は良さそうです(2018.08.23現在)。なお、1.4ml入りです。

ではCPUクーラー、本体の方を見ていきましょう。

序盤にも書いたとおり四角く、小さいサイズ内で最大限大きくしたと言えるような見た目をしています。ヒートパイプなども、外からでは見えません。

そのままはかりに乗せましたが、重さは406.5gでした。公称値420gなので、取り付けネジ込みの重さなのかもしれません。

ヒートシンクも作りがよく、とても綺麗。

アップにしてみます。独特の形状ですね。

今まで使っていたのは、Scytheの「虎徹」というCPUクーラーです。12cmファンを備えたサイドフロー型クーラーです。現在は虎徹Ⅱという後継機が発売されておりますが、相変わらずコスパがよくとても評判が良いです。迷ったらこれを買うべきというレベルです。

現在使っているDefine nano Sには少し窮屈なこと、そして近々変える予定のケース「DANcase」は高さ48mmのCPUクーラーまでしか使えないので、換装を行います。

まずCPUだけの状態にし、アルコールで清拭します。使用しているCPUは、core i7 7700。TDP65Wのものです。

続いて中央にあずき大くらいでCPUグリスを乗せます。

いろいろな乗せ方があると思いますが、今回は説明書に従いました。実際、海外の検証でも下手に工夫するより、今回のやり方が一番良いみたいです。

あとは背面より四隅をねじで止めて完了です。これだけ簡単なのは、NH-L9は、intelの“i”とAMDの“a”で2モデルのラインナップだからでしょうか。幅広く対応するモデルだと、いくつかのブラケットを組み合わせて付けたりするので、取り付けがシンプルな方がメンテナンスも容易で良いですね。

一方、マザーボードの背面に取り付け穴が空いていないケースの場合、マザーボードを取り外さないといけないので、その場合は上からプッシュピンなどでつけるタイプと比べると、面倒になりそうです。

最終的に取り付け終わった状態がこちら。謳い文句通り、RAMなど周辺のパーツに干渉することなくピッタリおさまっています。

動作音においても、計測はしていないのですが、体感では虎徹と同じ程度に聞こえます。これはNoctuaのファンが優秀だからということなのでしょうか。 結果として、今回の換装は非常に満足のいくものでした。パッケージには開封のワクワク感があり、製品の作りも丁寧で高品質です。

また性能面でも、8700“K”など、TDPが65W以上の場合はわかりませんが、65W以下のCPUを使っている場合、そしてminiITXで使用する場合は、“定番”の名前に恥じない、とても良いCPUクーラーではないでしょうか。