ノックボックスは重くて大きいほうが快適だと思う

エスプレッソを楽しむ際の便利な道具のひとつに、ノックボックスがあります。ノックボックスとは、簡単にいえば棒がついた箱のこと。この道具があるだけで、何杯か淹れる場合の効率が変わってきます。

抽出後、フィルターバスケットの中のコーヒーケーキの状態は、水分がなくなり、固められたようになっています。この状態からこれを取り出そうとするのは結構大変で、スプーンなどで砕き、残った部分を洗い流す必要があります。

あるいは、抽出に失敗するとコーヒーケーキの水分が抜けず、どろっとしています。この場合はもう少し片付けが大変。メッシュなど調整して再度抽出するまでに手間がかかってしまいます。

そこで役立つのがノックボックスです。ポルタフィルターを棒に叩きつけることにより、勢いでコーヒーケーキを取り外してくれます。

これまではグラインデンスタインという、プラスチック製でコンパクトなものを使用していました。価格は3,000円ほどと手頃ですので、初心者には定番のモデルです。

グラインデンスタイン

グラインデンスタインでも実用上は問題ないのですが、本体が軽いため叩く際に手で固定する必要があり、若干不便を感じていました。またEC152Jのような52mm径のバスケットなら問題ないのですが、SilviaやRocketのような58mm径のものだと窮屈です。

そこで、今は大きいサイズのものを愛用しています。Concept-Artというブランドのもので、日本で使っている方はあまりいないようですが、とても良いです。

本体はステンレス製で、底にはゴム足が付いているので簡単にはずれません。棒の幅にも余裕があるので、無造作にポルタフィルターを叩きつけるだけでコーヒーケーキが取り外し可能。グラインデンスタインとは違って棒が取り外せるので、洗うのも簡単です。

より力を入れて叩くことができるため、グラインデンスタインよりもキレイにコーヒーケーキを取り出せるという効果もありました。バスケット内にほとんど粉が残らないため、あとは布巾で軽くふくだけできれいになります。

ノックボックスは1杯抽出するだけでは不要なものですが、エスプレッソは豆を変えたときなど、メッシュ調整で何回も抽出することがあります。また、個人的には冬場だと1週間くらい放置していても問題なかったので、ビニールをセットし、週末に交換するというフローを行っていました。

ノックボックスがあれば慌ただしい朝でもスムーズに抽出から片付けまで済ませられるので、個人的には必須アイテムといえます。グラインデンスタインからConcept-Artに買い換えることで利便性も向上し、ますます快適なコーヒー環境に近づきました。