デロンギ「EC152」、最初に買うべきエスプレッソマシン

デロンギのEC152Jについて、もう持ってはいないのだが感想を残しておきたいと思う。 自分はこのマシンを2013年の11月13日に購入した。私が初めて買ったエスプレッソマシンで、思い返すととても感慨深い。

まず最初に書いておきたいのが、個人的にはEC152Jは2018年2月現在のエスプレッソマシンの中で最上位クラスのコスパを誇る、と感じること。 EC152Jは、デロンギのマシンの現在のラインナップで最下位になる。ラインナップを安い順に並べていくと

  • EC152J
  • EC221
  • ES020L-WH
  • ECO310
  • EC680M
  • EC860M

となっていくのだが、基本的にECO310までは中身は同じなので、その辺までは見た目で決めて良いと思う。EC680Mと860Mはボイラーではなくサーモブロックが搭載されており、中身は違うのだが、初心者にとっては大きな違いはないだろう。

個人的にはコスパの高い152Jか、スリムで置き場所に困らない680Mがおすすめ。ただしEC152Jはカップの入る高さが低いので、基本的にはショットグラスやエスプレッソカップ、カプチーノカップなど低いカップで使うことになる。マグカップを使いたいならEC221が最低ランクとなる。

基本的にエスプレッソマシンは、

  • 水タンク
  • ポンプ
  • ボイラー
  • グループヘッド(ポルタフィルタをはめるところ)
  • ポルタフィルタ&バスケット(粉を固めていれるところ)
  • スチームノズル

で構成されており、この構造は業務用でも大きくは変わらない(コンピュータが入ったり、ボイラーが複数になったりはするけれど)。 この中でも特に重要なのが、エスプレッソを作る最適な圧力を生み出すポンプと、タンクの冷水をお湯に変えるボイラーであるが、基本的にポンプは数十万を超える半業務用のマシンまではULKA社のバイブレーションポンプ(振動ポンプ)、しかもほぼ同じモデルが使われている。 

ボイラーに関しては基本的に値段が上がるほど大きくなるため、エスプレッソを入れる際の温度の安定性があがるのであるが、このマシンでも美味しいエスプレッソは作れるし、温度にこだわらないのであれば十分かなとは思う。 

スチームの際はボイラーの大きさがスチームのパワーや持続性に影響するので、ラテアートに力を入れる人は、大きいボイラーが欲しくなるはず。ただし、ランチリオの「シルビア」と呼ばれる家庭用最上級機、デロンギの数倍以上のボイラーを持ったマシンのユーザーとして、大きいとスチームと抽出の切り替え時間が増えるので、気軽に使うにはデロンギくらいの大きさで良いと思ったりもする。

ということで、デロンギのEC152Jは、基本的でしっかりとした構造を持ちながらも、10,000円以下という値段で買える点が素晴らしいと思う。

もしいずれランクアップする場合も、このマシンを基準に、そこから機能が増えたり、ボイラーが大きくなったりなどの具合なので、指標としてもわかりやすい。 もしエスプレッソを始めてみたいと思うのであれば、安っぽい見た目が許せるなら全力で推薦したい。コスパは一番良いはずだ。